PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ウイイレ及びゲームの録画環境について 使用キャプチャーボード【REGIA ONE】


今回は僕の録画環境をご紹介したいと思います。
前々から記事にしようとは思いつつも、時間が取れず後回しにしていました。
先日、相互リンク先のhodaさんがちょうど録画環境の解説記事を書かれたので、
僕も流れに乗って書いてみましたw

注意点として、この環境は録画から編集までが割と面倒です。
どちらかというと、安定性よりも安く済ませたい人向け(理由は後述)です。
録画初心者の方は、前述のhodaさんの記事を参考にしてください。




まず、僕が使っているキャプチャーボード(以下キャプボ)を紹介します。
REGIA ONE です。

regiaone01.jpg regiaone02.jpg

値段は約1万円。数あるキャプボの中では比較的安い方だと思います。
これを選んだ大きな理由は2つ。

・HDCP(コピーガード)対応。よってHDMIでキャプチャーできる
・映像分配機能(パススルー)が搭載されている


通常、キャプボでPS3の映像をPCに取り込み、キャプチャーソフトに表示します。
しかしこれだと0.2秒ほどの遅延が発生してしまうのです。
この状態でウイイレをすると、どうしても違和感があります。
そこで必要になるのが映像分配機能です。


映像分配機能で遅延のない快適なゲームプレイ


regiaone03.jpg
1 PS3本体とHDMIケーブルで接続 | 2 TV(モニタ)とHDMIケーブルで接続

映像を分配、つまりPS3の映像をPCとTV(モニタ)の2つに同時出力するというわけです。
これによりPCのキャプチャーソフトで映像を録画しつつ、
TV(モニタ)で遅延を感じずにゲームをプレイすることが可能になります。


ちなみにこのキャプボは、
マザーボードのPCIexpress×1スロットに取り付けて使用します。

regiaone04a.jpg

取り付け方は簡単で、青い丸印の部分を該当スロットに差し込むだけです。
PCを開けた経験がない方には、敷居が高いと感じるかもしれません。
そういう方には、少々値段は張りますがUSB接続式のキャプボをお勧めします。

以下は配線図。
regiaone05b.png
PS3 ―― HDMI ―― REGIA ONE ―― HDMI ―― TV(モニタ)


キャプチャーソフトへの表示


PCの画面に映像を表示させるには、キャプチャーソフトが必要です。
REGIA ONEにも付属していますが、僕はフリーソフトのアマレコTVを使用しています。

regiaone12.jpg

アマレコTVの設定→グラフ1(デバイス)を開き、
ビデオフォーマット *w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16 を選択。

これで準備は整いました。PS3を起動してみます。
……おや?アマレコTVは真っ暗な画面のまま、何も映りません。なぜでしょう?

ココがこのキャプボの注意点の一つ。
REGIA ONEは、1080iまでしか対応していない
つまり、PS3の映像出力が1080pに設定してあると何も表示されないのです。
そこでPS3のディスプレイ設定を変更します。

regiaone06.jpg

regiaone07.jpg

regiaone08.jpg
ディスプレイ設定→映像出力設定→HDMIと進みます。

regiaone09.jpg
カスタムを選択。

regiaone10.jpg
1080p(場合によっては1080i)のチェックを外します。
1080iは動作が不安定になるらしいので、念のため外しました。
どちらにせよウイイレの出力解像度は720pなので、画質に影響はありません。
これで無事アマレコTVに映像と音声が出力されました。


表示された映像を録画する


続いて出力されたPS3の映像を録画します。

regiaone11.jpg

丸で囲んだ"録画ボタン"をクリックすると録画が開始されます。
次に設定から録画時の画質を選びます。

regiaone13.jpg

設定→録画設定→ビデオ圧縮から選択。僕はAMV2MTに設定しています。
AMV2MTは録画された動画の左下にAMVのロゴ regiaone14.jpg が表示されますが、高画質です。
ちなみにこのロゴはAMVコーデックを購入することで非表示可。
他にAMV3は低スペックPCでも動作が安定しており、録画ファイルの容量も抑えめですが、
画質はほどほどです。AMV2MTと比較すると若干劣化しているのが確認できます。
コーデック(いろいろ)では、Ut Video Codec(ULY2)を使用しています。
ULY2はAMV2MTと遜色ない画質の上、動画左下にロゴも表示されません。
ただ録画ファイルの容量は3つの中で一番大きくなります。
Ut Video Codec Suite


録画ファイルを編集する


アマレコTVでゲームを録画する場合、ネックとなるのがこのファイル容量です。
10分ハーフの試合を録画するとファイル容量は約20GBほど(ULY2だと30GB以上)。
このままではYoutubeにアップロードできませんし、保存しておくにしてもHDDを圧迫します。
そこで必要となるのがエンコード(動画データの圧縮)作業です。
エンコードを行いファイルサイズを小さくします。

エンコードは主に動画編集ソフトで行います。
僕が愛用しているのは、フリーソフトのAviUtlです。

regiaone15.jpg

このAviUtlに拡張編集というプラグインを導入して、録画した動画の編集をしています。
無料でありながらも様々なエフェクトが付加でき、大変優秀なソフトだと思います。
編集が完了したら、H.264で出力。20GB→500MBくらいにまで圧縮されます。
AviUtlでのH.264エンコードの導入・設定方法
あとは出来上がったファイルをYoutubeにアップロードして終了です。

まぁAviUtlはプラグインや設定が結構面倒なので、取っ付き難いかもしれないです。
市販の有料ソフトなら簡単操作で編集・エンコードできるものが多く、
フリーでもAviUtlより単純でわかりやすいソフトもあります。
ぜひご自分に合ったものを探してみてください。
フリー動画編集ソフト一覧


パパパッと説明しましたが、以上が僕の録画環境です。
で、最後に言っておかなければいけないことがあります。
最初に述べた、安定性よりも安く済ませたい人向け…という点です。

PCをシャットダウン、あるいは再起動させた後アマレコTVを起動すると、
時々「ビデオキャプチャデバイスが見つかりません。」と表示され、
REGIA ONEが認識されなくなる不具合があります。

regiaone16.jpg

こうなった場合は、僕の環境ではPCを再起動(1~2回)することで復旧します。
PCとの相性もあるのでしょうが、レビュー等を見ると多くの方がこの症状を訴えているので、
恐らくは製品の仕様なんだろうと思います。安かろう悪かろうですね。
僕も最初は故障かと戸惑いましたが、今は慣れましたw
安定性を求める方は、もう少し高価な製品を選んだ方が安全かもしれません。


関連記事
スポンサーサイト
こんにちは

とてもわかりやすい解説をありがとうございます^^

また、僕のブログをリンクしていただいて感謝です♪

僕はPC開けたことがないので、この手のキャプボを装備されているのには驚きでしたw
いつもwejinさんの動画は高画質だと思っていたんですが、この辺も効いているのかもしれませんね。

wejinさんの記事を見る限りそんなに大変そうでないので、僕もPCを買い替えるタイミングがあったら検討してみようと思います^^

2014.03.15 18:01 hoda URL[EDIT]
Re: こんにちは

hodaさん、コメントありがとうございます。

本当はUSB接続式の方が良かったんですが、
少しでも安く済ませたいと思ってコレにしましたw
記事にも書きましたが、安定性は値段相応といったところです。

PCに詳しくない僕でも問題なく取り付けできたので、hodaさんなら余裕ですよ!

2014.03.15 18:25 wejin URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。