PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

スーパーキャンセルをマスターする ~ディフェンス偏~


ウイニングイレブンにおけるテクニックの一つに
スーパーキャンセル(以下スパキャン) というものがあります。

このスパキャンを使いこなすことができれば、攻守の駆け引きの幅が大きく広がります。
そこで今回は、スパキャンの"コツ"を動画と画像で解説していきたいと思います。

~ ディフェンス偏 ~






■ 相手と並走中にスパキャンで押し出す(ディフェンス)

まずはこちらの動画をご覧ください。(720p推奨)



基本的にはオフェンスでの押し出しと同じです。
相手と並走中、R1+R2+押し出したい方向のキーを入力します。

スパキャン04_1

画像の場合、相手を右斜め下へグググッと押し出すことに成功しています。

スパキャン04_2

そして相手の足からボールが離れた瞬間を狙って、スパキャン+プレスで奪い取りましょう。

スパキャン04_3

ただし相手選手によっては、スパキャンでの押し出しでもボール奪取できない場合があります。
そういう時は、最後まで諦めずにスパキャンで食らい付いていきましょう。
ボールを奪えなくても、体勢を崩させてシュートやラストパスの精度を落とすことができます。
その際、できるだけ方向キーの角度は固定したままにしてください。
並走中に方向キーの角度がずれると、相手選手から離れて行ってしまうことがあるようです。


■ スパキャンを使ったボールの見送り

ディフェンス時のスパキャンは相手との接触プレー以外にも活用法があります。
相手の出したパスがタッチラインやゴールラインを割ろうとしているとき、
スパキャンを使用することでボールを追う動きを止めます。
選手の余分な動きを減らすことで、スタミナの節約に効果があるでしょう。

自陣ゴール前へ放り込まれたボールについても同様で、
DFのボールを追う動きをスパキャンでストップさせ、GKにキャッチさせることもできます。
それぞれの状況に応じて使ってみてください。





スパキャンをマスターするには、とにかく練習して感覚を体に覚えさせることが必要です。
最初のうちはフリートレーニングで相手のいない状態で練習して、
慣れてきたら相手のいる状態で実践していきましょう。


関連記事
スポンサーサイト

どうもです^^

スパキャンディフェンス編も大変勉強になりました。
僕の場合オフェンス、ディフェンス共にやはりスパキャンして方向キーの入力が曖昧で相手から離れて行ったり、変な方向に走って行ったり、
この動画を見させてもらい確認出来ました。
この方向キー操作で「押し出したい方向」とありますが、
並走している方向と捉えていいのでしょうか?

次に「相手の足からボールが離れた瞬間に+×プレス」
これは難しい操作のように思えますが、
マスターすればかなり使えそうなので練習したいと思います。

2013.06.29 02:30 アイリス URL[EDIT]
Re: タイトルなし

アイリスさん、コメントありがとうございます。
そう言って頂けると嬉しいです。

「押し出したい方向=並走している方向」で合ってます。
R1とR2を押しながら方向キーも押し続ける、というのは
慣れないうちは左手がブレやすく、誤った操作をしがちです。
コツとしては、相手選手の"動き出し"をよく見ることが大事かなと思います。

ボールが足から離れた瞬間をきちんと狙わないと交わされてしまうリスクはありますが、
その分タイミングが合えばボールをカットしやすいですね。
R1ダッシュしている時や、切り替えしてきた時が狙い目です。

2013.06.29 06:20 wejin URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。