PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ウイイレ2013プレイ動画 Japan's Challenge 第一回【前編】




どうもはじめまして!当ブログ管理人の wejin と申します。
今日からぼちぼちとウイニングイレブン2014のプレイ動画を投稿していきたいと思います。
今回は Japan's Challenge と題した、オンラインコンペティションで日本代表を使い、
優勝を目指すという、とてもありきたりな(笑)企画の第一回となります。

動画は【続きを読む】からどうぞ!






まず初めに言っておきたいことがあります……
私は下手ですw
優勝を達成する日が果たしていつになるのか検討もつきませんが、
温かい目で見守っていただけたら幸いです(◜◞౪◟‾)
アドバイスもどしどし募集中ですので、気軽にコメントしてください!

基本的に一大会につき予選五試合を行い、
長くなるため前編(三試合)・後編(二試合 + 予選結果)に分けてまとめていきます。
決勝トーナメントへ進出した場合は次回へ持ち越しします。

あと動画の画質に関してですが、SD画質なので悪いです。
HDキャプチャ環境を整えるまで(数ヶ月以内には…)ご理解のほどお願いします。
右下の歯車のマークをクリックして720pに設定していただくと画質が上がります。(推奨)

それではいってみましょう!



第一試合 VSイタリア



日本 0-1 イタリア Lose


記念すべき初戦の相手は先日のコンフェデでの激闘が記憶に新しいイタリアです。
まぁ結論から言えば、完敗です...(シュートに至っては一本しか打てず)
いやはや、先が思いやられますね。

ちなみに使用しているフォーメーションは主に4-2-2-2で、
選手選考はコンディションによって変えています。



戦術の数値は上記の通りです。
ディフェンスラインは快速FWが相手の場合は5くらいまで下げます。
他にもちょこちょこ変えたりしながら試行錯誤中です。

さて、一試合目についてはもう特筆すべきことが無いので次いきますw



第二試合 VSドイツ



日本 0-1 ドイツ Lose


はい、連敗です(´・ω・`)
優勝を目指すとか言っておきながら、お恥ずかしぃ……
シュート数は増えたのですが、相変わらず最後の精度が悪く結果に繋がらないですね。

ま、ま、まだ二試合目ですからっ!
というわけで次の試合いきますw



第三試合 VSウルグアイ



日本 1-2 ウルグアイ [得点者]岡崎 Lose


三連敗!だめだこりゃっ!

…まぁ失点した直後すぐに同点に追いつけたことはポジティブ材料かな。
その失点について。二点とも綺麗に裏を取られての形ですね。
この試合はラインを高めにして臨んだのですが、ラインコントロールって難しいですね……



前編はここで終わりです。
果たして残り二試合で待望の初勝利なるか?

続きは後編で!


関連記事
スポンサーサイト

どうもです^^

格上のチーム相手にこの試合内容は凄いですね!
ウルグアイ戦での得点。あの細かいパス回し素晴らしいですね!

主にディフェンス面を意識して見させてもらいましたが、
カーソルマンはパスコースに入っていますね
僕の場合どうしてもずれてしまいます。(ダッシュやり過ぎかな~?)

それと一番感じたのは、判断力の良さ(早さ)が僕と全然違います。
この早い展開でもきちんとパスコースを切ってのディフェンス
これが出来るようにならんと駄目ですね。

大変勉強になりました。

2013.06.23 01:39 アイリス URL[EDIT]
Re: タイトルなし

アイリスさん、コメントありがとうございます。

日本はボディバランスの低い選手が多いので、
なるべく一人ひとりのボールを持つ時間を少なくするように心がけています。
如何にボディコンタクトの回数を最小限に抑えるか、強豪相手にはこれが重要です。

パスコースをうまく切るコツは、やはりR2でのディレイを活用することでしょうか。
相手とだいたい選手1.5~2人分くらいの距離を開けて後ろに下がりながら守備をすると、
パスコースも切れるし、もしドリブルを仕掛けられた場合でも置き去りにされるリスクは減ります。
とにかく守備の鉄則は"ディレイ"です。むやみに飛び込まないことで対応できる選択肢が増えます。

いえいえ、こんな動画で……恐れ入ります(´・ω・)
次回以降はもっと参考にしていただけるような試合をしたいと思います!

2013.06.23 20:01 wejin URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。