PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ウイイレ2014 J.LEAGUE MLO Diary#14

jmlod14_1.png



MLO日記Jリーグ編、第14回です。(#1 / #2 / #3 / #4 / #5 / #6 / #7 / #8 / #9 / #10 / #11 / #12 / #13)
基本的なルールは以下の通り。

・チームは初期メンバーで開始
・J1各クラブから毎回1人(最大2人)選手を獲得する
・最終目標はJ1選抜チームを作ること

前回はガンバ大阪から明神智和を獲得し、J1所属選手は17/23人となりました。


jmlod14_2.jpg

jmlod14_3.jpg

今回はセレッソ大阪から補強。獲得したのはDF 扇原貴宏

jmlod14_4.png

補強後のチームです。扇原はDMFに配置。

jmlod14_5.jpg jmlod14_6.jpg





5' (00:22)

jmlod14_7.jpg

失点の原因はフリーでクロスを上げさせてしまったこと。駆け上がった加地には太田でついていくべきでしたが、このときはボールホルダーしか見えていませんでした。
度々ボールウォッチャーになってしまうのは僕の悪い癖。改善しないといけません。


35' (00:40)

jmlod14_8.gif

またしてもクロスから失点。これもフリーで上げさせちゃってます。「カットできそう」という甘い判断から飛び込んでしまいましたが、あまりに不用意な対応でした。


42' (01:00)

jmlod14_9.jpg

前半で1点差にできたのは大きかったです。何せここまで防戦一方、初めてのシュートチャンスがこのフリーキックという惨状でしたからw


82' (01:48)

jmlod14_10.jpg

新加入、扇原のパスが起点となり同点に追い付く。最後は武藤が気持ちで押し込んでくれました。

90' (02:10)

jmlod14_11.jpg

加地のロングパス(弾道的にマニュアルかな)に工藤が抜け出し決定機を迎えましたが、闘莉王を寄せたおかげで外してくれました。正直なところ、後ろからスラしようか悩みましたw
体を寄せることでシュート精度は落ちるので、そっちに賭けてみましたが正解でしたね。
クリロナやメッシ級の、いわゆる化け物クラスには意味ないんでしょうけど、このクラスの選手相手であればそれなりのシュート妨害効果はあるようです。


試合終了

jmlod14_12.png


今回も前回に引き続きボランチを補強。加入した扇原は184cmと長身で左利き、さらにパスセンスも高く、明神とはまた違う特徴を持ったボランチです。
ウイイレでの登録はCBですが、適正ポジションのDMFに配置することで総合値が10上がります。

ただ、扇原のワンボランチではやはり厳しいかな、というのが試合後の感想です。結果的にドローに持ち込めましたが、負けていてもおかしくないほど攻め込まれました。
対戦していて感じたのは、相手の寄せの上手さ。パスを出そうとしてもコースにすでに相手がいるので、結局戻してしまったり、前線にロングボールを蹴るだけになってしまうことがしばしば。
それと絶対に飛び込んで来ないんです。ボールホルダーには□プレスで寄せ、カーソルマンでパスコースを切る。これが徹底されていました。

僕に足りないのはまさにコレ!パスコースを切るのか、寄せるのかが中途半端になってしまい、結局簡単に突破を許してしまう。前半の2失点もそんな感じでした。
場当たり的な守備はやめて、しっかりと決まり事を作った方がいいのかもしれませんね。


本日のレート


548 (±0) 前回 548


では今日はこんなところで。
#15へつづく


関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。