PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ウイイレ2014 J.LEAGUE MLO Diary#11

jmlod11_1.png



MLO日記Jリーグ編、第11回です。(#1 / #2 / #3 / #4 / #5 / #6 / #7 / #8 / #9 / #10)
基本的なルールは以下の通り。

・チームは初期メンバーで開始
・J1各クラブから毎回1人(最大2人)選手を獲得する
・最終目標はJ1選抜チームを作ること

前回はアルビレックス新潟から鈴木武蔵を獲得し、J1所属選手は13/23人となりました。


jmlod11_2.jpg

jmlod11_3.jpg

今回は清水エスパルスから補強。獲得したのはFW 高木俊幸

jmlod11_4.png

補強後のチームです。高木はSTに配置。

jmlod11_5.jpg jmlod11_6.jpg





66' (01:22)

jmlod11_7.jpg

新加入、高木のアシストから先制!ここでは中央の遠藤をムービングしたことでマーカー(ロトア)を引っ張り、小林がフリーでシュートを打てる状況を作り出すことができました。


79' (01:48)

jmlod11_8.jpg jmlod11_9.jpg

判断ミスからの失点。まずパスコースに入るのが遅れ、バイタルに繋がれる(左画)。続いてはショートパスのコースは切ったものの、フライスルーへのケアを怠り容易に通される(右画)。
ボールホルダーはAIに任せ、カーソルマンでは相手の次の行動を予測して動くことが大事ですね。つい何でもカーソルマンで対応しちゃうんですが、もう少しAIの守備力も信頼してあげないと…。


87' (02:08)

jmlod11_11.jpg

jmlod11_10.gif

最近になって取り組んでいるフライスルーがうまく通りました。何度も使っているうちに、どのタイミングで出せば通りやすいのかが何となくわかってきた気がします。
マーカーと受け手の距離間が選手一人分くらいに差し迫ったタイミングで出すとピシャリと足元に繋がる感覚です。一方で相手と並んだ状態の時に出すとオフサイドに掛かることが多いかなぁって印象。


試合終了

jmlod11_12.png


今回加入したのは高木兄弟の長男、高木俊幸。前線ならどこでもプレー可能というポリバレント性に加え、「無回転シュート」「スーパーサブ」「コントロールカーブ」「アウトスピンキック」持ちというスキルの宝庫!さらに操作しやすい高瞬発系の選手であることも獲得の決め手となりました。

早速バー直撃のミドルを放ったり、先制点をアシストするなど勝利に貢献する活躍を見せてくれました。前回の鈴木に引き続き、補強した選手が活躍してくれると嬉しいです♪

試合内容に関しては、これまで意識的に取り組んでいることが継続して出せたので良かったです。唯一残念だったのは判断ミスから失点を許したことですが、おかげでまた一つ新たな教訓を得ました。
それはズバリ、味方AIを信頼する!ですw


本日のレート


529 (+18) 前回 511


では今日はこんなところで。
#12へつづく


関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。