PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ウイイレ2014 J.LEAGUE MLO Diary#6

jmlod6_1.png



MLO日記Jリーグ編、第6回です。(#1 / #2 / #3 / #4 / #5)
基本的なルールは以下の通り。

・チームは初期メンバーで開始
・J1各クラブから毎回1人(最大2人)選手を獲得する
・最終目標はJ1選抜チームを作ること

前回は柏レイソルから工藤壮人を獲得し、J1所属選手は7/23人となりました。


jmlod6_2.jpg

jmlod6_3.jpg

jmlod6_4.jpg

今回はFC東京から補強。獲得したのはMF 武藤嘉紀、SB 太田宏介

jmlod6_5.png

補強後のチームです。武藤はRMF、太田はLSBに配置。

jmlod6_6.jpg jmlod6_7.jpg





32' (00:44)

jmlod6_8.jpg jmlod6_9.jpg

今回の相手は徹底的にエメルソンへボールを集めてきたので、もっと警戒するべきだったと反省しています。失点の場面でもエメルソンへのパスコースを空けてしまい、結果フリーで打たせてしまった。
この辺の読みの甘さは改善しないといけませんね。


67' (01:27)

jmlod6_10.jpg jmlod6_11.jpg

最近は守備で"うかつに飛び込まない"ことをテーマにしているんですが、またしても不用意に突っ込みスペースを空けてしまうという失態をおかしましたw
その後の対応も悪く、すぐにヤコモラツから太田にカーソルを変えてヒセーンへ寄せるべきでしたが、判断が遅れカーソル変更が間に合いませんでした。


90+3' (02:00)

jmlod6_12.jpg

この失点の原因はボールウォッチャーになってしまったこと。ヒセーンがワンタッチでエメルソンへ叩きパス&ゴー。前線へ走り込んでリターンを受けるのはわかりきったプレーですが、完全にボールしか見えていなかった僕はエメルソンへタックルにいってしまいました。
当然の如く空いたスペースにパスを通され、ヒセーンに楽々流し込まれました。試合終了間際で1点リードという状況が焦りを生んだとはいえ、パス&ゴーで上がった選手をケアするのは守備の基本ですから、それを疎かにしていては守備の安定化など夢のまた夢ですね…。


90+4' (02:30)

jmlod6_13.gif

ロスタイムでの同点弾だったのでさすがにここから勝ち越しは無理かなと諦めかけていたんですが、工藤がみたび窮地を救うゴールを挙げてくれました!気持ちで押し込みましたね。


試合終了

jmlod6_14.png


馬鹿試合ながらも結果的に勝てて良かったですw
今回獲得した武藤と太田は持ち味を発揮できず残念な出来でしたが、前回加入した工藤がハットトリックと大活躍。エースと呼ぶに相応しいパフォーマンスを見せてくれたので満足です。

攻撃では不満なし。問題は守備ですね。ここまでの6戦で未だ完封試合がなく、そして今回も3失点。カーソルチェンジの遅さや判断ミスからピンチを招くことが多く、守備の面で基本的な技術力や判断力が不足していると感じています。
もうウイイレ2014も終わり際に何言ってんだって話ですが、2015は2014とそれほど操作感が変わらないので、今のうちに守備のやり方を見直し、修正しておくことは意味があると思っています。

というわけでこれからは今まで以上に守備に重点を置いて試合に臨んでいきます。
とりあえずの目標は『無失点で勝利を収める』ことですw


本日のレート


468 (+9) 前回 459


では今日はこんなところで。
#7へつづく


関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。