PAGE TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ウイイレ2014 J.LEAGUE ランクマ日記#3 サガン鳥栖 vs セレッソ大阪

jrankm3_1.png

Jランクマの試合レポートと、先日のコロンビア戦の感想を綴ります。



どうも、wejinです。
W杯も決勝トーナメントに入り、いよいよ大詰めを迎えましたね。
ここまで存分に満喫していますが、惜しむらくは日本代表の戦い振り...
あまりにも呆気なく終わってしまい、激しい脱力感に苛まれていますw

苦戦を強いられた原因は様々あったとは思いますが、
やはり初戦で勝ち点を取れなかった、これが一番痛いですね。
せめて引き分けに持ち込めていたら、違う展開になっていたかもしれない。
コロンビア戦の積極的な姿勢が初戦から出せていれば…。

一つ良かったと思えたのは、最後の最後で日本らしいサッカーが見れたこと!
コロンビア戦は選手間の距離が短く、連携から何度もチャンスを作れていました。
相手がメンバーを落としてきた影響もあるでしょうが、やりたいことは伝わりました。
ただ如何せん実力が足りてないというか、重要な局面で精度の低さが目立った印象です。
特に他の出場国と比較すると、どうしても個のレベルに差を感じてしまいますね。
こればかりはすぐに向上するわけでもないし、また4年で差を縮めてもらうしかない。

一昨日のブラジル対チリ戦を見ていても、両チームの個人技の高さは目に付きました。
とりわけチリは日本より平均身長が低い(175.9cm)にも関わらずブラジルと対等に戦い、
勝利まであと一歩と迫ったわけです。もちろん日本人とは体の厚みが違うでしょうけど、
前線からのハイプレッシャー、戦う姿勢、足元の技術、そして運動量の多さなど、
日本が彼らから学ぶべきところはたくさんあるんじゃないかと感じました。

Chile.jpg


僕は日本が目指しているサッカーの方向性自体は間違っていないと思うので、
次期監督には今のサッカーを踏襲しつつ、守備や精神面に+αを加えて欲しい。
4年後のロシア大会では、進化した日本が見れることを願っています。
日本代表&ザックさん、お疲れさまでした。

さて、ここからは本題のランクマ日記にいきましょう。
前回の課題は"得点後の守備意識"でした。いかに集中を切らさず守れるか。
しかし今回の対戦相手は手強く、またも難しい試合になりました…。


jrankm3_2.jpg

jrankm3_3.jpg




サガン鳥栖を使用してセレッソ大阪と対戦しました。
ランクマッチ10分ハーフ。相手はレート600前半の方でした。


3'

jrankm3_5.gif

先制の場面。この位置からのドロー系フェイントは鉄板ですね。
面白いように切れ込めます。

jrankm3_4a.jpg

発動するタイミングとしては、対峙する相手が前傾姿勢になった瞬間
逆に重心が低いときは、読まれてカットされやすいので注意が必要です。


25'

jrankm3_7.gif

jrankm3_9.gif

スローインでマーカーをはがす巧みなプレイ。
さらにフィニッシュはオーバーヘッドでのスーパーゴール!これには参りました…。

jrankm3_8.jpg

今までスローインは、スローワーの手前にいる選手に漠然と出していました。
チームメイトスイッチを活用することで、直接ゴールを演出できるもんなんですね。
こういったスローインは試みたことがなかったので、新しい発見でした。
ゴール前へR1ダッシュで突っ込み、相手マーカーを引き付けたら反転してボールを受ける。
反転する直前辺りでスローインを投げ込むと、丁度良いタイミングで受けられそうです。
カーソルマンで対応してくる相手にも通用するかどうかは、今後検証してきたいと思います。


60'

jrankm3_10a.gif

アプデ後の変更点で最も不満なのが、ペナルティエリア内でのファウルの判定基準です。
これでPKって、もはや誤審レベルでしょうw


71'

jrankm3_11.jpg

今回からラインコントロールを取り入れてみたんですが、早速やらかしましたorz
この場面では柿谷を警戒してラインを下げるべきでしたが、焦ってライン上げを実行。
ガラ空きの背後に抜け出され、余裕で決められるという最悪の結果に。
僕にラインコントロールはまだ早いのかもしれませんw


82'

jrankm3_12.gif

jrankm3_13.gif

久々に理想とする形でのゴールが生まれました。
ボールに食いついてくる相手の場合は、やはりダイレクトパスが有効ですね。
普段なら失点直後は余裕がなくなるのでこんなパス回しできないのですが、
最近"常に平常心"を意識しているおかげか、ゆとりを持ってプレイできました。
メンタルって大事だと改めて実感!


jrankm3_14.png
jrankm3_15.png

後半から数的有利になった影響もあり、なんとか勝ち切ることができました。
一方で"得点後に気が緩み失点を重ねる"という課題は相変わらずのまま…。
逆にもう吹っ切れて「3点取られたら4点取ればいい」って考えた方がいいのかもw

今後の課題は守備意識の他に、ラインコントロールを的確に使えるようにすること。
特にオフサイドトラップは使いどころを見極め、発動のタイミングを掴む。
オフトラが習得できれば守備のオプションも増えると思うので、物にしたいですね。
まぁしばらくは3失点目のようなミスが増えるでしょうけど、大目に見てやってくださいw


関連記事
スポンサーサイト
No title

ナイスゲームでしたね(^^)/

プレイに余裕があって楽しんでいるように見受けられました。

ブログの方へ頂いたwejinさんからのアドバイス!

前への攻め急ぎなんですが、

中々直りません(+_+)

結果、攻撃で枚数が足りず手詰まりになってしまう始末です。

縦パスが多いのか?個人個人のボールキープ時間が短いのか?ワンツーパスが少ないのか?

まあ他にも理由があると思いますが、、

どうにかして直していこうと意識してやっています。


一点フォーメーションの事で聞きたいのですが、

僕も4-1-3-2(2ST)でやっていますが、

僕の場合サガン鳥栖で言うなら高橋の位置をCMFではなく
OMFにやっています。

wejinさんがCMFにやっている理由って何ですか?

2014.07.02 03:07 アイリス URL[EDIT]
Re: No title

アイリスさん、コメントありがとうございます。

攻撃で枚数が足りなくなるとのことですが、
"SBを積極的に攻撃参加させて厚みを出す"ってのはどうでしょう?
以下は僕が意識しているSBの上げ方です。

・ビルドアップ時はレーダーでSBの上がりとサイドのスペースを確認する癖をつける
・SHやWG操作時はサイドから中へドリブルし、SBへのスペースを作ることを意識
・スペースが生まれたらSBをムービング(Rスティックを上or下へ押し込む感じで入力)
・SBが上がった方のボランチは攻撃参加させない(上がったスペースをカバーさせるため)

ワンツーで攻撃参加させてもいいですが、ムービングの方が簡単だと思います。
今作のSBはある程度勝手に上がってきてくれるので、そういう時は無理してムービングを使う
必要はないです。逆に上がり過ぎちゃってパスが出せなくなる場合もあるのでw
SBを上げるということは攻撃の人数が増えるわけですから、必ず相手陣形に綻びが生まれます。
攻撃の選択肢も増えますし、上がった後のスペースにさえ気を配れば有効な戦術だと思います。

フォーメーションは相手との兼ね合いでCMFとOMFを使い分けています。
相手が自分よりも格上、またはチーム力で上回る場合にはCMFにすることが多いですね。
理由は守備で数的不利になるリスクを減らすため。OMFにするとどうしても上がり過ぎるので。
相手と戦力差がない場合やビハインド、攻めあぐねている時などにはOMFに変更します。
通常はOMFのままでいいと思います。CMFはあくまでオプションという形です。

2014.07.03 04:50 wejin URL[EDIT]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.07.04 01:17 [EDIT]
Re: No title

アイリスさんへ

僕もレーダーはチラ見が限界なので、正直ほとんど状況把握できていませんw
感覚で補ってる部分が大きいですね。まだまだトレーニング不足です…。
結構な動体視力を要求されるので、意識して見る癖を付けていくしかないのかなと。

ナイスな情報ありがとうございます!早速フリトレで練習してみました。
仰る通り右スティックでのトラップは次の動作に移りやすいメリットがありますね。
まだ慣れてないですけど、このトラップ操作を突き詰めたら面白いかもしれません♪

2014.07.05 03:07 wejin URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。